Attore

21日土曜日の中休みに
中村 勘九郎さんのにっぽん歴史街道の撮影がジョイアでありました。

この日は、朝からオーナーと畑で撮影後
ランチタイムの後に食事シーンの撮影でした。

ディレクターの方から自家製野菜と地元の魚を使った料理との
希望だったのでいつもどおりのメニュー運びとなり

前菜には横須賀長井漁港で購入したカマスで
炙りカマスのカルパッチョ 自家製野菜とハーブのサラダを、

パスタは自家製トマト「アイコ」と自家製バジリコで作った
カッレッティエーラ、

メイン料理は、鎌倉 もんざ丸の前田水産さんが捕った
地ダコと自家製トマトのおぼれだこをお出ししました!


じつは僕は活ダコを〆る作業は大の苦手ですが獲れたての美味しさを
伝えるために
b0220948_1952719.jpg


手に絡み付いてくる蛸と格闘しながら〆て


b0220948_19534695.jpg

丹念に塩揉みした後に柔らかくなるように根気良く叩いて


b0220948_1956915.jpg

全ての材料と白ワインを入れ


b0220948_19574782.jpg

ゆっくりと煮込むこと40分でトロトロの煮込みの出来上がり!


b0220948_19593091.jpg


そして変則的ではありますが、
昨年も活ダコを購入した時にだけ少量作っていた
蛸肝のバジリコ和えに自家製野菜グリルのマリネを添えた前菜も
お出ししました!


b0220948_2025097.jpg


僕がキッチンにこもって撮影風景を見れずに料理を
作り続けている間に勘九郎さんはハッキリとキッチンにも聞こえる
ハリの有る歓喜の声を上げて食事シーンの撮影を終え
終了後にわざわざ挨拶に来て下さいました。

歌舞伎の事は疎い僕ですが、
それでも挨拶をして下さった時の目は
とても力強くてやはり輝いてる人は凄いなと思い
とても良い目を見せて頂いて、そして料理を召し上がって
頂けた事を嬉しく思いました。

役者さんといえば
僕が東京で働いていた時の友人
藤川 龍一君が8月1日~5日まで
新宿SPACE107で出演する舞台
「ヤミ金融」を見に行くのが近づいて来て
とても楽しみです!

彼が福岡から上京したてからの友人で
初舞台から毎回彼の成長をみているだけで
感激してしまっているので、今回はどんな演技をしてくれるのか
とても楽しみにしています。

普通の人は差し入れの手土産には
お菓子やお花を持って行くのでしょうが、
僕の手土産は毎回、
地元「げんべい」の「ビーサン」と決めています!

公演がある日が僕の定休日である限り
毎回その時の気分の色をした「ビーサン」を
定休日午前中の魚の買出しの時に買って持って行きます。

彼が度重なる公演をして行くにつれ
「ビーサン」が増えて行き、
いつか彼の部屋は「げんべい」の店頭を越える数の
色取り取りの華やかな「ビーサン」が並ぶ絵柄を
作る「野望」を勝手に夢見て!!!

http://ameblo.jp/so-sugao/entry-11308630717.html
[PR]

by sicilianima | 2012-07-23 20:30 | Cucina  

<< Noioso Un po' >>