carino

b0220948_22253750.jpg


佐島産のミシマオコゼ君達

バイキンマンにも似た何度見ても愛くるしい顔をしています。

魚屋さんに美味しい調理法を聞いてみたところ、
「刺身か鍋、から揚げも美味しいよ!」
と教えてくれました。

以前可愛い姿を残したいと丸ごと煮てみたら
身がほぐれず少し食べづらかったのは
しっかりしたコリコリした身質なので普通はスライスした
形の料理で食べるという事を聞き、
今回はセモリナ粉のフリットにしてみました!




b0220948_22315764.jpg


噛み応えのあるしっかりとした身に付いている
セモリナ粉がカリカリとしていて
更にミシマオコゼの特徴のある身質を食べている喜びを増し、
そのままでも勿論美味しいんですが
穂坂さんのレモンで作ったマルメラータをベースにして
玉葱、コリアンダーシードを白ワインで煮たソースと共に食べると
抜群の相性でミシマオコゼの旨さが増します!

このソースは、
シチリアのタオルミーナの5つ星ホテルで働いた時に
シェフのヴィンチェンツォから教わった物で
当時はスズキのソテーに合わせていたものですが
昨年のジョイアではメカジキのグリルや桜マスのソテーと合わせても
とても相性の良いソースで、
今回のミシマオコゼの味は勿論、
まわりに付いているカリカリのセモリナ粉との相性が
ソテーやグリルよりも更に合うなと思いました。

今回もミシマオコゼの可愛いフォルムを見て欲しいので
体にもセモリナ粉を付けて10分以上揚げて一緒に
盛ってみたんですが、
これだけこんがり揚がっていても背骨でさえ
とてもしっかりした骨の質で物凄く噛むのが大変で
顔はとてもチャレンジできなかったので
骨の味は美味しいのですが残念ながら
身の方だけ楽しんで下さい!
[PR]

by sicilianima | 2012-02-10 22:51 | Pesce  

<< tesoro tempo >>